<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 28日

【なんちゃって不条理】

…僕の青春の記号かな〜
<例のコラム>
 次女が旅立つ。京都の大学で食物栄養について学ぶのだという。
 完全な理系である。
 僕が高3の時点できっぱりあっさり断念した理系である。
その理系に進学するため意気揚々と旅立ちの準備をしている娘を
思うとき、父親はすこし涙目である。嫁ぐわけでもないから、どうと
いうことはないのだが、すでに長女が社会人となり、ここ数年、家
では妻と次女との3人暮らしだったので、ちと寂しいのである。
 僕の大学時代は「食物栄養について学ぶ」などと明確な目標は
なかった。入学したのは仏蘭西文学部である。高校生までは剣道、
陸上と寡黙な個人技体育会系だった僕は、そこで、それまでと百八
十度異なる文芸部に入った。宝塚で行われた新入生合宿ではしこ
たま飲まされ最悪のゲロゲロ状態だったものの、そこで、サルトル
の実存主義とはーとか、だから「嘔吐」はねーとか文学青年先輩が
たのロジカルな言葉責めに遭ったのだった。だからサルトル「嘔吐」
は僕の中ではどうも酒臭い。吐いた日本酒のすえた臭いがするの
である。
 なかでも酩酊してしまったのがアルベール・カミュの言うところの不
条理という概念だった。「シーシュポスの神話」や「異邦人」のなかで
僕は不条理を学んだ。カンタンに言えば、世の中、不条理なことばか
りじゃん! いくら正当に生きていてもいつでも傍に不条理な世界があ
るんだぜー!という概念である。ちょうどそのころフランスの映画運動
ヌーベルバーグの代表ともいわれるアランドロン主役の「太陽がいっ
ぱい」を観た僕は、その不条理なラストシーンにいともたやすく感動し
「不条理ってかっこいい!」などと思い込んでしまったのだった。
 それ以来、この不条理を超える文学の概念に出会ったことがない僕
は日本の小説がちんけに思えてまじめに読めなくなってしまった。日
本の小説家でまもとに読めるのは大江健三郎ぐらいだと仲間たちと
飲むたびに豪語した。完全なる文学かぶれである。
 しかし、僕はいまだにこの「なんちゃって不条理」状態から抜け出せな
いままである。
 娘は京都でどんなカルチャーと出会うのだろう。
 その成長を楽しみに見ていきたい。
 京都といえば大阪であり、神戸である。
 というわけで、ここからはお仕事のご報告。
 3月24日に神戸のエクレアキッチンさんの中にプロトハウスパークが
完成したので行ってきた。
 オープニングパーティではスペインギターの演奏もあり訪れた建築家
たちもしばしその情熱的な音色に酔いしれた。
 写真は「建築家の仕事展」と銘打った写真展示のための壁面演出であ
る。大川市の広松木工さんがつくるダカフェフレームという木製のフレー
ムを壁のスチールバーに磁石でとめてみた。なかなかいい感じだと思う。
ここでは、建築家たちの仕事を紹介しながら、実際の家づくりの相談にも
応えていく。神戸の人は、ぜひ利用してほしい!!
f0003539_17344290.jpg


 翌月曜日は、5月に開催するブルースカイミーティングのための打合せだ
った。
 イベントで実際に使うのと同様の53枚のカードを使ってロールプレイング的
にシミュレーションしてみた。
 来場者役の僕らがまずは「こんな家にしたいという思いを感じる」カードを3枚
選び、そのカードをネタにして建築家に家づくりの相談をするのである。建築
家も同じ53枚のカードの中から「こんな家づくりを提案したいという思いを伝
えることができる」カードを3枚選んでおくのだが、例えば同じカードを選んで
いても、そこから感じているイメージはそれぞれに異なる。言うならば心理テ
ストのような感覚で、カードを使いながら心をニュートラルにした状態で本当
に自分が求めている住宅のイメージをつかんでもらおうと考えているのである。
 実際にシミュレーションしてみて解ったのが、カードをネタにして会話するだけ
なのに「テイスト」「コンセプト/思い」「機能」という3つのカテゴリーに渡って、会
話する者同士の思っていること、感じていることが確認できた。つまり、お互い
の相性が“深い部分で”確認できたのである。
 これは実に面白い経験だった。この方法を使ったブルースカイミーティングは
きっと面白い結果を招くことになる、と確信した。
 「なんちゃって不条理」を生きてきた僕だが、ここには心理的な合理性を感じる。
理系の明晰さを感じた瞬間、次女の涼しい横顔が頭に浮かんだ。
f0003539_17554360.jpg

[PR]

by cafejien | 2007-03-28 17:56
2007年 03月 10日

【泳ぐ建築家】

…いろんな海を建築家は泳いでいる。
<例のコラム>
 昨日今日とインクルーシブデザインのワークショップに参加してきました。
 私がアドバイザーとして参加している九州大学ユーザーサイエンス機構主
催のワークショップです。
 講師はRoyal College of Art Helen Hamlyn Centre(英国の王立芸術
大学院ヘレンハムリン研究所特別研究員)のJulia Cassim(ジュリア・カセ
ム)さん。ジュリアさんですから女性の方。インクルーシブデザインの実践的
な指導者です。
 インクルーシブデザインはユニバーサルデザインとよく似ていると紹介され
がちですが、ユニバーサルデザインが老人なら老人の平均値にアプローチ
しようとしているのに対し、インクルーシブデザインは、ターゲット層のなか
でもよりメインストリームなユーザーにフォーカスすることで、より創造的にし
かもリアルにグッドデザインを導き出すことができる点に違いがあるのだと
知りました。つまり障害者を対象とした商品開発であれば、より重度な障害
者の周辺にこそ創造的なグッドアイデアを生むヒントがあるというのです。
 ワークショップでは、会場となったスタジオ内で、まず課題に対するアプロー
チの方法を学び、それから実際にフィールドに出て、対象として選んだ環境
や商品、空間を、理解・調べ・改善策を練り・それを判断し・テストによって新
たな価値を創造していくということを行いました。僕の参加したアトランティス
チームは出力センターのキンコーズにリサーチに行き、その新たな可能性を
プレゼンテーションしました。
 このワークショップに参加して、僕は、今僕らが提案している家づくりのプロ
グラムに採用すべき多くのことを“フレキシブルに”学ぶことができたように思
います。インクルーシブデザインでは、ユーザーのことを「デザインの失敗に
よって最も影響を受けている人」と位置づけているのですが、それなど最たる
収穫です。
 「建築家が提供する、あるいはしたデザインによって最も影響を受けている人」
を思うとき、僕は今の建築家たちが提供するデザインに大きな不安を感じずに
はいられないからです。
 ジュリアさんが指摘したインクルーシブデザインの次のポイントは多くの建築
家が耳を傾けるべきです。彼女はこう言いました。
「ユーザーの声を聞くこと、その生活を見ること、自分でもそれを体験すること
(すなわちその立場になって知ること)、最後に想像すること」
 こんな単純なことを、建築は忘れてはいないでしょうか?
 (建築家のみなさん、この具体的な方法を知りたいとは思いませんか?)
 昨日、本屋で某建築雑誌を立ち読みしました。
 そこには、前衛的なデザインがなされた建築家住宅がセレクションされていま
した。
 正直に言います。そこに掲載された住宅がダメだと言うのではありませんが、
もううんざりします。疲れます。スタイリッシュで変わった新規性に満ちた住宅を
紹介すれば販売部数は伸びるのかもしれませんが、いい加減、馬鹿げていると
感じませんか? 
 住宅はファッションではありません。人が生活する拠り所です。
 もちろんスタイリッシュにデザインされた住宅をすべて否定するわけではありま
せん。中にはそのようなデザインが好きなユーザーがいらっしゃるのも事実です
し、私自身、そんな住宅もプロデュースしてきました。しかし、そこにはちゃんと
家づくりの目的があって、その結果としての“ヘンテコな形をした”住宅の誕生が
あったのです。
 家はデザインのみで語るべきものではありません。構造があり、室内があり、身
体に影響を与える温熱環境の仕組みがあって、それらが組合わさってはじめて
家のデザインとなり住み手の暮らしに影響を与えるのです。
 建築雑誌の編集者たちは、もっと責任をもって家の全体デザインを語るべきだ
と思いませんか? それこそインクルーシブデザインの視点で。
 インクルーシブデザインのワークショップに参加し、僕は、今までに増して、生活
者の視点で家づくりの仕組みをつくりあげることの重要性を感じました。
 このような視点に立ったとき、今の建築家たちの中には、建築家住宅幻想という
海を泳がされている人も多いように思います。
 とある団体主催の建築家住宅をネタにしたイベントで全国を飛び回る建築家やそ
れを高名な建築家と呼んで親しげに交流を図っていることを自慢する建築家などは、
自分が泳いでいる海の本質を知るべきでしょう。
 もちろん、意匠だけでなく、構造も温熱環境づくりも自分なりにスキルア
ップを図りながら、明確な目標を持って「いい家づくり」の大海を泳ぎきろうとがん
ばっている建築家もたくさんいます。
 僕は、この後者の建築家たちと、総合的なデザインの失敗のない、安心して住まう
ことのできる住宅をつくっていきたいと思います。
 これからは、より本質が問われる時代です。
 建主も、本物を見抜く力が必要です。
[PR]

by cafejien | 2007-03-10 01:22
2007年 03月 01日

【お宿アパートメント】

…ずばり、お宿感覚の風情あふれるアパートメント
<例のコラム>
 今、新たなコミュニティ型アパートメントをプロデュース中です。
 コンセプトは「お宿アパートメント」。実はこのプロジェクトのオーナー、広い
敷地にマンションや木造アパート、戸建て賃貸住宅などを建てて既に経営
中です。おまけに数年前には岩盤浴の施設まで開業してしまいました。
 このオーナー、ANさんと申しまして、もう、かなりマニアックなご仁です。僕
とANさんはかれこれ古いお付き合い。ジャズにも精通しているANさんには、
時に僕専用のジャズセレクションを選んでもらったりしている間柄です。
 で、このアパートメント。薪ストーブが穏やかな雰囲気を醸し出す岩盤浴の
施設をお宿のフロントと位置づけ、マンションをお宿の本館、今回企画する
メゾネット形式戸建て感覚のアパートメントをお宿の離れとして、全体の敷
地計画、環境計画を練っております。
 この地球温暖化の今、賃貸住宅だって責任回避はできないでしょう、と各
室極力エアコンに頼らない温熱環境を産み出す空間デザインを実施。駐車
場だって、三和土にて熱反射のない水打ち効果抜群の装置型パーキングを
狙っておる次第です。
 この三和土風パーキングに加え、各室の土壁仕上げも、ワークショップ的に
環境共生住宅に興味のある方の参加を募りながら手作りしていく計画です。
そのうちに「壁塗りしたい人集まれー」とか「三和土パーキングづくりしたい人
集まれー」と呼びかけますので、土にまみれながらも、いずれ我が家の壁や
土間を土でつくりあげたいと心身ともに願っている方は、その一報をお待ちあ
れ。この上なく上質な自然素材を格安に使う方法とともにご案内申し上げま
す。
 この「お宿アパートメント」、ちょっとした雑木林もつくる算段です。その林と三
和土パーキングが自然の冷蔵庫の役割を担えるよう建築家による設計プラ
ンが進行中。各棟を結ぶ路地風の通路も三和土仕上げ。まさにお宿の離れ
のようなアパートメントづくりを目指しています。
[PR]

by cafejien | 2007-03-01 01:24