<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

【遠足の朝】

‥ボコボコに殴られたって遠足には行こう!
<例のコラム>
 腕力にめざめたのは中学一年生のときです。
 小学生の頃までは人と殴りあうなんて、そんなことを自分が
するなんてとても想像さえできませんでした。
 それが何のきっかけだったのか、ある日、偶然にも人を殴っ
てしまい、その相手を怯えさせ、結果的には喧嘩に勝ってしま
ったのです。特に喧嘩が強い相手ではなかったのですが、そ
れを入り口として、腕力という新たな、それも一瞬にして相手を
黙らせる言語を獲得していったのでした。剣道をしていたことも
あり、武道における間合いの取り方には人一倍自信もあったよ
うに思います。
 けれど、それ以上に腕力に頼る世界に陥ることがなかったの
は、これも剣道をしていたからかもしれません。現代の剣道の
世界では相手に一本を決めて勝負に勝つことはあっても、息の
根を止めるまで相手を叩きのめすことはないのです。
 自分の中にある程度の腕力による可能性を感じながら、僕は
中学3年生になっていました。この事件は、そんな僕のなかの可
能性が引き寄せたものだったのかもしれません。
 ある日の昼休みでした。僕は友人たちとふざけあっていて、廊
下側から教室に向けて窓から身を乗り出していました。その肩が
Gくんの肩に触れたのです。おそらくは、まるでGくんがそこにい
たことなど全く気づかなかったかのように。Gくんとは小学生の頃
からの知り合いです。負けず嫌いのGくんは、喧嘩になってたとえ
涙があふれてきて誰の目にも敗戦が明らかなのにも関わらず、
泣きながらでも死に物狂いになって相手が根負けするまでしがみ
ついていくような男の子でした。その結果、否応なしに誰もが一目
置く存在になっていたのでした。
「なんか、こらー」
 Gくんの低い声が威嚇するように僕の耳元に流れこんできまし
た。Gくんは怒っています。
「ごめん、ごめん」
 僕はとっさに謝りました。その軽い謝り方がGくんの自尊心をさ
らに刺激したのか、Gくんの顔は、それはそれは恐ろしい形相を
呈していました。
「うったくっぞ、わらー!!!」
 最高に攻撃的な怒声がGくんの口から飛び出してきます。
「うったくっぞ」という言葉は、「ぶんなぐるぞ」という意味の熊本
弁です。僕の生まれた人吉市は鹿児島と宮崎の県境にも近い
ので鹿児島や宮崎のイントネーションや方言も混じりぎみです
から、正確には熊本弁とは言いがたいかもしれません。「わらー」
とは、「お前ー」という意味で、河内弁で言うところの「われー」に
相当します。標準語に訳すと「殴っちゃうぜ、きみー」となって迫
力ないことこの上ないのですが、そのときのGくんの怒声には鬼
気迫るものがありました。
 しかし、そのときは昼休みが間もなく終わるということもあって事
なきを得たのですが、僕は放課後の教室に呼び出される羽目に
なったのでした。
 放課後、約束の時間に僕は教室に行きました。心配してついて
きてくれた友人のNくんといっしょに、教室に入った僕の目の前に
は、Gくんとその取巻きの姿が飛び込んできました。
 間もなく、血で血を洗う決闘がはじまろうとしていたのです。
                                   続く・・・
[PR]

by cafejien | 2006-11-30 01:23
2006年 11月 18日

【大人の躾】

…大人がちゃんとしないと、ね。
<例のコラム>
 自殺する子供たちのことが報道されない日がありません。
いじめによるものが大半という印象ですが、そうではない、
世を儚んでというものもあるような気がします。希望を感じ
ることができない“つまらない”世の中だから、“死んじゃおう”
という短絡的な死も多いような気がするのです。
 いじめられている子供にも、世を儚んでいる子供にも、も
っと大人たちが手を差し伸べてあげるべきなのに、それが
できていないのは何故でしょうか?
 その原因の第一に、あまりにも大人たりえていない、つまり
大人としての躾が身に付いていない大人たちが多いからで
はないかと思います。
 人としての美しい行動や立ち居振る舞いができるのを躾と
すれば、今の大人たちは、ご都合主義でエゴイスティックで
とどのつまりは美しくない、見苦しい姿を子供たちに見せつ
けているのではないでしょうか。
 だからこそ、大人の躾が大切です。
 大人の躾は誰がするのでしょうか? それは理想的にはその
大人の親がすべきですが、大人の親たちは高齢化しており、
もはやその気力も体力もありません。では、誰がすべきか。
 そうです。自分でするしかないのです。ご夫婦の場合は、自
分たちで、在るべき大人像を思い描き、自分を律していただ
きたいと思います。偉そうに言っているのではありません。僕自
身も常にそうやって自らを律し、なんとか躾の身についた日常
をおくっているのですから。
 身を美しくする。美しく生きる。そんな意味において僕が自ら
を躾けているルールは三つあります。
 まずこちらの都合を相手に押し付けないこと。世の中には強
者もいれば弱者もいて、中には平凡に生きたいと願う方もいる
ので、それそれにそれぞれの都合があり、一方的に押し付け
られたのでは調子が狂ってしまいます。子供たちに対しても同
じで、昨今は夜遅くまで子供たちを起こしておく親がいますが、
あれなど大人の時間都合に子供を巻き込んでいるいい例で、
成長期の子供たちの調子を狂わせている最大の原因ではな
いでしょうか。特に幼少期の睡眠不足は情緒不安定に直結し
ているように思います。
 次に「筋を通す」という生き方を自らが実践すること。有名な数
学者がテレビで「いじめは卑怯者がすることだ。だからしては
いけないことなんだということを、親が教えないからいけない」
とおっしゃってましたが、まさに同感です。そんな初歩的なこと
をはじめ、きちんと筋を通すという生き方を自分が行い、それ
こそが正しい人の在り方であることを、大人は子供に教えるべ
きだと思います。
「筋を通す」のは大変です。経済原理主義な上に杓子定規な社
会において自分の意見を明確に意思表示し、間違ったことには
意義を唱えこれが正しいのだと胸をはるのはどんなにか勇気と
時間がいることか!! でも、躾を身に帯びた大人はそれをしなけ
ればなりません。
 最後に、自分なりの「後ろ姿」を魅せる、ということです。ここら辺
が今風です。なにせ現代はコミュニケーションの時代ですし、デ
ザイン感性が求められています。そのことを大人は意識して、意
図的に自分なりにカッコイイと思っている後ろ姿を世の中に、なか
んずく自分の子供たちに魅せるのです。それは、ただがむしゃら
にがんばる姿でもいいのです。真剣に、一生懸命に、大人として
自分の信じた道を歩いていきさえすれば、その「後ろ姿」は、子
供たちに美しく、頼もしく映ることでしょう。
 大人の躾で自らを律し、美しく生きる大人たちが増えたとき、子
供たちは、自分の目の前に、温かな手が数多く差しのべられて
いることに気づくことでしょう。
 そこには、問題が起ってから、“言い訳”のようにあたふたする見
苦しい大人の姿ではなく、凛とした大人の佇まいがあります。
 大人たちが、きちんとした大人になれば、子供たちも豊かな感
受性と可能性に瞳を輝かせる、本来の子供たちにもどることがで
きるはずです。
 そうすれば、短絡的に死を選ばざるえないという悲しい事件は減
少します。
[PR]

by cafejien | 2006-11-18 12:02
2006年 11月 06日

【生放送】

…それは人生そのものかも、ね。
<例のコラム>
 11月4日、NHK総合テレビの「つながるテレビ@ヒューマン」にゲストコ
メンテーターとして出演しました。
 生放送は初体験だったのでかなり緊張するかとすこし不安はあったの
ですが、意外とすんなりと楽しむことができました。これが年甲斐という
やつでしょうか。家に帰ってビデオで自分を観ると、年相応の落ち着きも
あって(かな?)、その舞台裏が大変だったことなんて想像できないほど
です。
 その舞台裏とは・・・・・。
 生放送は時間との戦いです。ディレクターと島津アナを中心に臨機応
変に時間配分が変更されていきます。現地には紅葉の取材も出ていま
したし、山古志村の住民の方とは電話もつながっています。つまり、まさ
にオンライン、生中継、リアルタイムまっただ中なのです。タイムキーパー
からの連絡を確認し島津アナが的確にコメントしていきます。時間の都
合でコメンテーターの話がカットされると、島津アナはそのことをゲストに
お詫びするという気配りも忘れません。台本に時間のチェックを入れなが
ら、ゲストの気持ちにも手を差しのべる気づかいの細かさ、すごい!の
一言です。その点、ゲストは自分のコメントに集中すればいいのである
意味楽かもしれません。大変なのはスタッフたちです。カメラさん、照明さ
ん、音声さん、タイムキーパーにディレクターさんが1時間の世界を共同で
つくりあげていきます。それは人生と同じです。いろんな人間が関係して
人生の一場面一場面が出来上がり、過ぎ去っていくのと同じです。ゲスト
として出演していて、おそらく客観的に観る立ち位置に座ることができた僕
はそんなことを感じていました。
 履修問題についてコメントし最後の発言が終わると、正直ほっとしました。
画面にむかって手をふる僕の笑顔は安堵に満ちていました。
 番組終了後、出演者で記念撮影をし、スタジオを後にしようとしたとき、
スタッフの皆さんからはねぎらいの拍手が送られました。
 島津アナ、そして番組スタッフの皆さん(なかでも阿部さんと下川さん)、
ありがとうございました。共に出演したバイオリニストの吉田恭子さんにも
感謝です。福岡でリサイタルがあったら必ず聴きにいきますからね!!
 つながるテレビ@ヒューマンは、NHKならではの細かな現地取材をベース
とした良質の番組です。念入りに取材したVTRがしっかりと放送されるので
ゲストのコメントはどうしても短くなりがちですが、そこはゲストの腕の見せ所、
ショートコメントの中に豊かな思いを込めるしかありません。これからも、もっ
ともっと良質のヒューマンな番組づくりに期待したいと思います。今度出演し
たら僕ももっと心が温かくなるようなコメントを心がけるつもりです。
 この生放送に、僕の1時間の人生がありました。
 そして、視聴者の皆さんにも、そのときの1時間の人生がありました。
 人生は生放送です。誰に向かって自分を放送するのか、じっくり考えて豊か
に楽しく生きていきましょう。

◎@ヒューマンのサイトはこちらです。
 http://www.nhk.or.jp/human/
 左が島津アナ、右が吉田恭子さんです。
f0003539_16483041.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-11-06 19:55