カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 31日

【日本的な美しさ】

…今では廃れつつある、日本人特有の美意識、感性。
<例のコラム>
 今まさに桜咲く季節です。
 日本の美を語るとき、最もよく引用されるのが桜ではない
でしょうか。春のこのときにだけ一瞬にして咲き誇り、香る
ような風とともに一気に散っていくその潔さに、人生にもオ
ーバーラップする刹那的な美しさを感じとる。その詩的な情
緒性のなかにこそ、日本的な美しさがあるのです。それは、
四季の移り変わりを繊細に感じとるなかで育まれた日本人の
感性美でもあります。
 この「日本的な美しさ」は、物事の表装に現れる見かけだ
けに宿るものではありません。人が用いる言葉や、行動、思
考にも及ぶのではないかと思います。
 あの人は潔い、あの人の暮らしはつつましい、あの人は礼
節を重んじる、あの人は粋だ、あの人は義理堅い、あの人は
情け深い。
 これは、人の行動や性格を表す表現ですが、どれもが日本
人ならではの美しさに満ちているものです。僕は言語学者で
はないので、このような言い回しで人の行動や性格を語る表
現が日本以外の国にあるかどうかは知りません。だからこれ
は僕の一方的な思い込みかもしれないのですが、このような
傾向が日本人の誇るべき性質として語り継がれてきたような
気がします。
 ところが今、この「日本的な美しさ」が見失われつつある
ような気がしてならないのです。ホリエモンや耐震偽装問題
がまさにそれ。潔く、つつましく、礼節を重んじる、粋で義
理堅い人であれば、あのような問題は引き起こさないでしょ
う。
 この「日本的な美しさ」が損なわれている最大の理由は、
利益最優先の市場原理主義だと、僕は思っています。その根
底にあるのは打算と欲にあふれた合理主義です。確かに合理
的な整合性をもって人生を組み立てることは必要ですが、そ
こに「やさしさ」や「しなやかさ」、「やわらかさ」がなけ
れば人生は豊かにはなれないと考えるのですが、いかがでし
ょう。
 何かを判断するときに、その選択が、「日本的に美しいか
どうか」を、考えてみましょう。そうやって考えた上で、心
にゆとりを持って自らの思いを決めると、その答えそのもの
も〝堂々と胸をはって語ることのできる〟豊かなものになる
のではないでしょうか。
 福岡城跡にある舞鶴公園の桜は、31日現在、三分咲きです。
杖をついた老婆が赤坂門からの緩い坂道を上ってきて、一息
をつきました。
 空は、青。一週間もすれば、薄紅色の桜の花弁が風に舞う
はずです。
f0003539_16291521.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-03-31 16:24
2006年 03月 30日

【立て、立岡】

…心のなかに眠っている強い存在。自らを奮い立たせるときに
つぶやくオマジナイの言葉。
<例のコラム>
 中学1年生のとき、クラスメートに立岡くんという頼もしい兄貴
のような友達がいました。
 彼は、頭脳も肉体もどこか大人びていて、常に弱い者にやさし
く、周囲の誰からも尊敬される存在でした。遊びを発明する天才
でもあり、彼が考案した「うさぎ跳び合戦」などは、遊びながら肉
体を鍛える究極のゲームでもありました。どうやるかって? それ
はすごく簡単。2チームに別れて陣地を決め、うさぎ跳びをしなが
ら相手の陣地を先に奪った方が勝ちなのです。休み時間になると
僕たちは、手を後ろで組んでうさぎ跳びをしながら廊下の端っこの
相手陣地めざしてうさぎ跳びを続けるのでした。
 立岡くんが凄いと思って感心したのは、国語の時間に、彼が即
興の物語をみんなに語ってくれたときです。どんな話だったか今
ではほとんど忘れてしまいましたが、森に暮らす老人が大樹の切
り株と会話をするというような非常にファンタスティックな内容だっ
たと思います。僕はもうほとんど感動して彼の話に聞き入っていま
した。
 その後、別々の高校に進学した僕らは高校2年生のときにいっし
ょに南九州一週のサイクリングに行った後、それから今まで何の
連絡もとっていません。しかし、僕の中で立岡くんはしっかりと存
在していて、時折疲れてくじけそうになる僕を励まし、勇気づけて
くれるのです。
 今、男たちが疲れています。先行きの不透明さに疲労困憊し、鬱
になる男たちも多いように思います。僕の周りでも、そんな男たち
の話をよく聞きます。社会が混迷のなかにある今、必要以上に社
会的な存在である男たちは、気がつけば、自らの存在理由を見出
せないかのように鬱の闇のなかに落下していくのです。
 そんなとき、心のなかに強い存在があることを思い出して、自らを
奮い立たせてほしいのです。僕の場合それは、立岡くんという、無
垢なる、頼もしい兄貴のような絶対的な存在です。
 僕は鬱的な闇が背後に迫ってくると、心のなかで言葉を発します。
「立て、立岡! 立つんだ立岡!」
 なんだか「明日のジョー」のようですが、意外にこんなシンプルな
オマジナイが心に勇気を与えてくれるものです。
 さあ、憂鬱な男たちよ、心のなかで言葉にして叫びましょう。
「立て、立つんだ○○!」
 この○○の部分は自らのなかの強い存在を代表する言葉に置き
換えてください。そして、男たちよ、ぐっと肩の力を抜いて、自分に
できる生き方をすればいいことに気づいてください。
[PR]

by cafejien | 2006-03-30 00:09
2006年 03月 18日

【涙月】

…三月の愛称。嬉しく悲しい別れの季節。
<例のコラム>
 三月は別れの季節です。
 今日、我が家の長女が大学を卒業しました。就いた仕事は長年の夢だった
アナウンサーです。何度もくじけかけましたが、最後の最後に福岡の放送局
に決定しました。我が子ながら、その根性には脱帽です。
 今日、もう一つの卒業がありました。僕が長年取材しているアッちゃんが南
ヶ丘保育園を卒園したのです。小雨が舞うなか、南ヶ丘保育園で行われてい
る卒園式にかけつけると、ちょうど全卒園児が揃って別れの歌を歌っていると
ころでした。
 お父さんの剛さんとお母さんの華世さんを見つけて手を振ると、二人とも赤
い目をこすって笑顔でこたえてくれました。
「よくがんばったね。おめでとう」
 アッちゃんを抱く剛さんの肩をたたいて僕がそういうと、二人とも本当に嬉し
そうな笑顔を返してくれました。
 数日前にあったとき、華世さんは卒園式の練習の最後にアッちゃんに向け
た手紙を読もうとしただけで涙があふれて号泣したと言ってましたが、今日は
どうだったのでしょう。
 華世さんの赤い目がその答えでした。
 式場から教室に戻ってきた園児たちは次から次にアッちゃんと記念撮影を
していました。ちょっとキョトンとしたアッちゃんも、友達に囲まれて嬉しそうに
笑っています。
 アッちゃんは重度の障害児ですが、剛さんも華世さんもその現実を受け入
れ、その未来を明るく育もうと一生懸命です。弟の勘太くんを入れると四人家
族です。逞しい父親、キュートな母親、かわいいアッちゃん、わんぱくな勘太
くん。傍から見ていると実にシンプルな家族です。
 アッちゃんの家族は今から数年前にプロトハウス事務局を訪れ、大分の建
築家、塩塚隆生さんの設計で住宅を建てました。その家づくりを通して僕はこ
の家族から多くのことを学びました。その思いを一冊にまとめた本が間もなく
出版されるのですが、初めての出会いから今日の卒園式まで、僕はアッちゃ
んの家族に会うたびにいつも心が洗われる思いです。
 その思いを一つの言葉でいうと「人生はシンプルなほうがいい」ということ。
タイトルも「世界でいちばんシンプルな幸福」にしました。
 心が洗われるたびに僕の目にはうっすらと涙が出てきました。その感動を一
人でも多くの人に伝えたいと思い、僕はこの本を書いたのです。
 三月は、温かな嬉しい涙が大勢の人を送り出す季節です。今日も数え切れ
ないほどの涙が卒園式の会場にあふれていました。
 2006年3月18日は、僕の長女とアッちゃんの卒業記念日です。まだ肌寒
い風に包まれた涙月。彼女たちの未来を可能なかぎり見守りつづけることを
心に誓って、僕はアッちゃんにチューリップの花束を贈りました。
[PR]

by cafejien | 2006-03-18 21:50
2006年 03月 16日

【仕事道楽】

…趣味的に仕事を楽しむこと。そんな人生。
<例のコラム>
 カフェコワンのある内神田一丁目は、銭形平次や人形佐七などの舞台
でもお馴染みの土地柄。お祭りや街角の神社さんに江戸時代の名残を
感じることができます。そこには、八さん熊さんの住む落語的空間が今も
生きています。
 打ち合わせが終わって帰ってくる途中、角の盆栽鉢屋さんをのぞいて
みると、何やらゴシゴシと磨いていらっしゃるじゃ~ありませんか。と、こ
の辺りから、気分は江戸時代です。
「おやっさん何磨いてるんだい?」と聞くってーと、
「いやね、盆栽の鉢を、ちょっとね。今、別の所で焼いてるところだから、
お茶でも一杯どうよ」
 というわけで、盆栽鉢屋さんとお茶をすることになりやしてね、近くのビル
に立ち寄って盆栽鉢を焼いてるガス窯の火加減を見てから、ドトールコー
ヒーに入ったのでした。カフェコワンが目の前なのに、鉢屋さんはヘビー
スモーカー。禁煙のコワンでは長話ができないんですな。
「シシマルって名前で鉢を商ってるんだけどね、盆栽鉢はいいよ~」
「あの店にあったのでいくら位するんです?」
「5,6万だね」
「へー、いい値段しますね」
「誰もがそんな値段じゃないよ。安いのは安い」
「そうだ、名前は商標登録してます?」
「そんなのしてないよ。僕に商売のイロハを教えてくれた人がいてね、その
人が面白い人でね~、商品はマネされるようになったら本物だって言って
たね。そりゃそうだ。マネされるんだから、それは本物だよね」
 盆栽鉢屋さんは、神田や新宿、鎌倉にいくつもビルを持ってる家主さんで
す。気が向いた時だけ盆栽鉢屋の奥に座ってタバコをふかしていますが、
後はご近所をぶらぶらして馴染みの店で油を売っていらっしゃいます。
「昔はサーフショップとかもやったんだよ。鎌倉のビルはそん時の置き土産
みたいなもんでさ。でも、サーフショップはいけないね。品が大きすぎる。品
が大きいと店も大きくないといけないから大変なんだよ。その点、盆栽鉢は
いいよー、小さいからね。重ねておいておけば、どんだけでも置いておける」
「いい商売ですね~。僕も盆栽鉢はじめようかな~」と興味を示すと、
「でもね~難しいよ~。僕の場合は、いい品持ってて、それを毎日見てるか
らね。やっぱり本物を見てないとね~」
「そうか、やっぱり本物ですか~」
「だよ。本物の世界だよ~」
 これ以上、この話を進めると、本物を買わなければならなくなりそうなので
「で、いい中古ビルはありました?」と話題を変えると、
「ないね~。話はね、あるみたいだけど、僕のところには来ないな~。1億く
らいでいいのがないかな~。下の娘にね、手ごろなのがね~」
 盆栽鉢屋さんの仕事はすでに道楽の域にあります。掘り出し物のビルが
見つかったらポンとキャッシュで買うのに、普段は、小さな盆栽鉢を焼いて
言い値で売っているのです。
「本物は売れるよ。じっとしててもね。でも、あんまり焼きすぎたらダメだね。
価値が薄れるだろ。何事も適量がいいね。本物は数少ないんだよ」
 なるほど、そうなのかもしれません。本当の本物は数少ないのかも。
 数多くの本物をつくろうと思っていても、結果的に、人は、すこしだけの本
物しか世に残すことはできないかもしれない、と僕は思ったのです。
 まあ、それでもいいではありませんか。すこしの人でも喜んでくれたら。
 鉢屋さんと同じく、僕も仕事道楽なのかもしれません。
[PR]

by cafejien | 2006-03-16 00:51
2006年 03月 13日

【一町一家】

…一つの町に一つの家の基本的なプランを描き、その地域に
住む人の家づくりを支援しようという活動。
<例のコラム>
 一村一品運動の住宅版として、今年から研究をスタートし
ようというのが「一町一家」運動です。一村一品運動は、大
分県の各市町村がその地の名物をつくろうということで進め
ている運動です。「一町一家」は、その地域の気候風土にふ
さわしい住宅をつくろうというもので、それを実現するため
に地域の建築家と工務店が共同作業で一つの基本的なモデル
プラン(プロトハウスプラン)を開発していきます。
 このように書いただけでは、今までのプロトハウスプラン
と何の違いもないように思われるかもしれませんが、実は大
きく異なるポイントが二つあります。一つが造り手(施工者)
としての工務店さんに最初から参加していただき、プラン及
び積算をリアルなものにするシステムを伴うということ。二
つ目が、このシステムを機能させるために、建築家と工務店
が理解し合うための共通言語としての建築構法を統一すると
いうことです。
 今日のミーティングで、この構法を取り扱うメーカーとの
間で、この2年間の間に基本的なシステムを研究改良しよう
ということで合意がなされました。近々具体的な活動内容が
発表できると思いますが、九州大学ユーザーサイエンス機構
との産学連携による「日本の新しい家づくりシステム」の研
究開発となります。
 今年11月頃には、ムック本及びイベントとして、多くの
方にもお知らせできるものと思いますのでご期待いただきた
いと思っています。
 今日は、13日の月曜日。13日でその上、ブルーマンデ
ィですが、今日のミーティングの成功に気持ちをよくして、
僕は今、カフェコワンでホットミルクなどを飲みながら、こ
のブログを書いています。
 今日は東京にも小雪が舞いました。あと数日の間は寒が戻
る予報ですが、その後は、桜前線が日本列島を縦断する季節
がやってきます。
 「一町一家」は「いっちょういちいえ」と読みます。この
活動にも春が来るように、今年もがんばろうと思っています。
f0003539_19112444.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-03-13 18:59
2006年 03月 08日

【オープンハウス】

…建築家住宅では新築住宅のお披露目会をオープンハウスという。
その建築家の作風を体感するいいチャンスである。
<例のコラム>
 春はオープンハウスが目白押しです。プロトハウス事務局のオ
ープンハウス情報コーナーも、文字通り目白押し。毎週、日本の
いろんな町で建築家住宅が産声をあげています。
 しかし、オープンハウス時はまだ住人がその住宅に住んでいな
いことがほとんどなので、いまひとつリアリティが湧きません。
ヘ−ベルハウスのように、建築後十数年経った住宅を見学できた
ら、建築家住宅ももっとリアルに感じられるんだろうなーと思っ
ていたら、登録建築家の高木正三郎さんがやってくれました。ず
ばり名付けて『そののちの「楽只庵」』。〝そののち〟という辺
りが、歴史小説風でいいですね。
 今から3年半前にたった住宅のオープンハウスです。この住宅、
壁や三和土を現地で採れた赤土を材料にしてつくっています。変
化していく土壁や三和土を見た左官さんが、新しい土の配合技術
を試したいという意向もあって、「塗り替えたい」と申し出たの
が今回のオープンハウスのきっかけだそうです。
 高木さんはプロトハウス事務局に登録している建築家の中でも
異色の存在で、モダンなデザインを手がけながらも、土へのこだ
わりは、まさに匠! しかも遊び心あふれる風情の人ですから、
オープンハウスの後は炭火を囲んで何やらお楽しみも催されるよ
うです。
 我が家をそんな風にオープンにできる建主って、はたしてどん
な人なのでしょう? そちらにも興味津々となってしまいます。
 土や木でつくる家づくりに興味のある方は必見ものです。
3月25日(土)、福岡市南区での開催。
参加ルールがありますので、詳しくはプロトハウス事務局にご確
認ください。
[PR]

by cafejien | 2006-03-08 17:00