カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ

2007年 11月 18日 ( 1 )


2007年 11月 18日

【カフェのある町】

…自宅カフェしながら暮らそうというコミュニティ
<例のコラム>
 建築家の瀬野和広さんのブログで今、「カフェのある町」についての
意見交換が盛り上がっている。
 瀬野さんの友人が所有するという湖畔の700坪の土地の有効利用
をめぐって僕が提案したら、意外に反響があったのだ。
 実はこのコンセプト、数年前に有田町で講演した際に町の役場の人
と会話しているときにひらめいたもの。有田町の町営の分譲地の販促
方法で何かいいアイデアはないものかと問われて即興で答えたのだ
った。
 何故、有田だから「カフェのある町」なのか?
 有田ならば焼き物がある、その焼き物を使えば町起こしにもなるし、
実際に焼き物は売れ、それに気をよくした窯元と流通業者もカフェを
利用するだろうし、一石三鳥くらいの波及効果があるんじゃないです
かあと自慢気味に僕は呟いたのだった。
 だが、「カフェのある町」なんて突飛なコンセプトで募集をかけたって
人は集まるだろうか?
 実は、「それが集まるんですよお!」という勝算もあったのだ。
 弊社が運営するカフェコワンをスタートさせたときが、まさにそうだった。
 実際にカフェを運営したことがなかったので「東京カフェマニア」という
サイトに事情を話して「カフェのオーナー募集」という告知を載せていた
だいたら、来た来た来た〜!!! なんと十数組もの人が「カフェしたいで
す〜!」と押し寄せてきたのだ。ここは表参道かあ〜!と思ったほどの反
響だった。神田ですよ!神田!その頃オシァレなカフェなんて1軒もなか
ったんです、神田には!それが来るは来るは!それも皆さんなかなかいい
アイデア持参で「私ならこんなカフェやりたいい!!!」と意欲満面である。
 そのとき僕は思った。スキあらばカフェを開業したいという人のなんと
多いことか!
 その後、実際にカフェコワンの運営は斉藤さんというソムリエにしてバリ
スタ、しかも当時若干28歳の男性に決まったのだが、その運営の方法
や金銭的な実情を聞くにつれ、これは個人が自宅でやるにはなかなか
理想的なビジネスモデルではないか、という感触を掴み、その具体的
な仕組みを暖めていった次第。
 この背景をもって僕は、勝算を胸に抱いたのだった。
 だが、有田町での企画は例によって町長選挙で話そのものがお流れに
なったのだが、僕は密かに心にこの企画を温め続けていた。
 この「カフェのある町」、有田だけでなく、いくつか与件が揃っていれば
どんな場所だろうが、シナリオを描くことができる。
 もちろん課題もあるが、そこにどんな登場人物を配するかで、幾つかの
シナリオを描くことができ、その複数のシナリオ一挙に解決するマルチプ
ルなアイデア(ポリシー)で一つの物語を完成すれば、その続編としての
実際の町の活動(暮らし)はスタートする。
 つまり、ソフトこそが、このコミュニティづくりの最大のテーマなのだ。
 要は、どんな登場人物たちが集まってくるのか、ということ。
 この町づくりはドラマなのだ。
[PR]

by cafejien | 2007-11-18 00:38