2006年 11月 06日 ( 1 )


2006年 11月 06日

【生放送】

…それは人生そのものかも、ね。
<例のコラム>
 11月4日、NHK総合テレビの「つながるテレビ@ヒューマン」にゲストコ
メンテーターとして出演しました。
 生放送は初体験だったのでかなり緊張するかとすこし不安はあったの
ですが、意外とすんなりと楽しむことができました。これが年甲斐という
やつでしょうか。家に帰ってビデオで自分を観ると、年相応の落ち着きも
あって(かな?)、その舞台裏が大変だったことなんて想像できないほど
です。
 その舞台裏とは・・・・・。
 生放送は時間との戦いです。ディレクターと島津アナを中心に臨機応
変に時間配分が変更されていきます。現地には紅葉の取材も出ていま
したし、山古志村の住民の方とは電話もつながっています。つまり、まさ
にオンライン、生中継、リアルタイムまっただ中なのです。タイムキーパー
からの連絡を確認し島津アナが的確にコメントしていきます。時間の都
合でコメンテーターの話がカットされると、島津アナはそのことをゲストに
お詫びするという気配りも忘れません。台本に時間のチェックを入れなが
ら、ゲストの気持ちにも手を差しのべる気づかいの細かさ、すごい!の
一言です。その点、ゲストは自分のコメントに集中すればいいのである
意味楽かもしれません。大変なのはスタッフたちです。カメラさん、照明さ
ん、音声さん、タイムキーパーにディレクターさんが1時間の世界を共同で
つくりあげていきます。それは人生と同じです。いろんな人間が関係して
人生の一場面一場面が出来上がり、過ぎ去っていくのと同じです。ゲスト
として出演していて、おそらく客観的に観る立ち位置に座ることができた僕
はそんなことを感じていました。
 履修問題についてコメントし最後の発言が終わると、正直ほっとしました。
画面にむかって手をふる僕の笑顔は安堵に満ちていました。
 番組終了後、出演者で記念撮影をし、スタジオを後にしようとしたとき、
スタッフの皆さんからはねぎらいの拍手が送られました。
 島津アナ、そして番組スタッフの皆さん(なかでも阿部さんと下川さん)、
ありがとうございました。共に出演したバイオリニストの吉田恭子さんにも
感謝です。福岡でリサイタルがあったら必ず聴きにいきますからね!!
 つながるテレビ@ヒューマンは、NHKならではの細かな現地取材をベース
とした良質の番組です。念入りに取材したVTRがしっかりと放送されるので
ゲストのコメントはどうしても短くなりがちですが、そこはゲストの腕の見せ所、
ショートコメントの中に豊かな思いを込めるしかありません。これからも、もっ
ともっと良質のヒューマンな番組づくりに期待したいと思います。今度出演し
たら僕ももっと心が温かくなるようなコメントを心がけるつもりです。
 この生放送に、僕の1時間の人生がありました。
 そして、視聴者の皆さんにも、そのときの1時間の人生がありました。
 人生は生放送です。誰に向かって自分を放送するのか、じっくり考えて豊か
に楽しく生きていきましょう。

◎@ヒューマンのサイトはこちらです。
 http://www.nhk.or.jp/human/
 左が島津アナ、右が吉田恭子さんです。
f0003539_16483041.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-11-06 19:55