カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ

2006年 10月 31日 ( 1 )


2006年 10月 31日

【履修ショック】

…履修不足問題は高校生たちの心にショックを与えた
<例のコラム>
 高校生3年生になる次女は今まさに受験モード。通って
いる高校が非常に真面目な学校なので、朝早くから夕方ま
で補講も含めみっちり勉強して家に帰ってきます。夏まで
は部活に打ち込み、秋は運動会のダンスで青春を燃焼して
いた彼女は、家に帰ってきて夕飯を食べるなりリビングで
眠り込んでしまう毎日をおくっていました。さすがに受験
モード一色になった最近は家でも娘の勉強している姿を見
ますが、それまでは、この娘は本当に受験生なの?という
生活でした。だって僕が見るのはリビングで眠り姫になっ
た娘の姿だけだったんです!!
 そんな娘に最近の履修不足問題のことをきくと、
「あんなことするなんてズルいよー」という返事が返って
きました。娘いわく、うちの学校は超真面目なので必修科
目はすべてちゃんと履修している、なのに受験に必要な科
目だけ履修させるなんて「学校が」ズルい!! 
 娘に限らず、今の高校生たちはみんな履修ショックに見
舞われています。ある一部の大人たちの都合だけでつくっ
た学習指導要領が受験という現実とうまく整合性がつけら
れず、建前と本音という大人社会的手法を使って片付けら
れてきたことのツケが噴出し、子供たちの心に精神的な動
揺を投げかけているのです。
 これは、教育界の問題ですが、後になってそのツケが表
面化してくる問題は、どんな業界にも眠っていることでし
ょう。それは建築の世界も同じです。今は表層をとりつく
ろっていますが、10年後に問題になるようなことがたく
さんあります。みんな気づいているのに、なかなか言い出
せない。たぶん、そうです。履修不足も常識のある先生な
らばとっくに気づいていたはずです。
 このように事後処理的に物事が進んでいくのが日本の社
会の悪いところですが、このような矛盾は、根本的な改善
なくして本当の意味での解決にはなりません。大人はまず
矛盾を生み出している自分たちの社会のつくり出し方につ
いて子供たちに謝るべきでしょう。そこがスタートです。
単なる履修不足問題を謝るのではなく、その矛盾を生み出
していることを謝るのです。でないと、子供たちはすっき
りしないはずです。彼らは、矛盾だらけの大人たちの態度
を見るのはもううんざりしています。学級崩壊や、いじめ、
子供による犯罪の急増は大人社会が冷たい鏡に映し出した
悲惨な姿なのです。
 教育基本法の改訂にしても、このような事後処理的な改
訂では効果がありません。子供の感性や可能性を豊かにす
るにはどうすればいいのかを想像的に考え、その新しい教
育ビジョンを実現するために必要な基本的な法律という視
点で発想しないと、夢も味気もないものになってしまいま
す。たとえば子供たちの感性を豊かに育むために演劇や建
築という想像力を逞しくする、そしてお互いの些細な素質
でも褒めあえるカリキュラムをとりいれよう!という文化
的な視点がそこにあれば、それこそ「美しい日本」づくり
が可能になるかもしれません。こんな柔軟な発想は霞ヶ関
にはないでしょうねー。
 履修ショックは、僕にこんなことを考えさせました。
 大人社会の矛盾に苦しむ子供たちよ!それでも大志を抱
け。なかには、そんな子供たちの苦悩を知っている大人た
ちがいることをちょっと心の拠り所にして、それよりもな
によりも君たちにも同時代を生きる「履修の友」がいるこ
とを心に刻んで、今を強く生きなさい。

◎ここでご案内です。11月4日午後10時のNHK総合番
 組の@ヒューマンに僕がゲストとして出演します。生番
 組なので、ちょっと緊張し、たぶん超真面目に映るかも
 しれません。酒の肴に一杯やりながら、ご覧下さいませ。
[PR]

by cafejien | 2006-10-31 18:52