カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ

2006年 07月 29日 ( 1 )


2006年 07月 29日

【竹のキッチン】

…物事は固定概念だけで考えると損をします、きっと。
<例のコラム>
 阿蘇に行ってきました。
 素晴らしいキッチンがあると聞いて、それを直に見たく
なったのです。
 そのキッチンは、なんと「竹のキッチン」。天板が竹の
集成材でできていて、そのストライプ模様が、モダンにし
て和的でもあり、やわらかな印象を投げかけるのでした。
 デザイン及び製作をしたのは、「マナの杜」の清田さん。
インダストリアルデザイナーです。
 もう十年以上も前に、竹の持つデザイン感性に魅了され
それを素材にしたデザイン開発を続けてきたのだそうです。
既にこの「竹のキッチン」は商品化され、主に九州地区を
中心に販売されていますが、これからは関東近辺にも供給
していきたいという意欲を持っていらっしゃいます。
 「竹のキッチン」は、意外性だけでなく、やさしいデザ
イン感性もあり、目の付け所がいいですねー。写真は、実
際に使用開始してから5ヶ月ほどが経過した「竹のキッチ
ン」ですが、心配されがちなキズもなく、コーティングさ
れた表面には窓外の緑が映り込んでさわやかな印象。モダ
ンな癒し系とも言える不思議な感覚がありました。
 固定概念で考えると、「竹のキッチン」なんて発想は浮
かびませんが、清田さんの柔軟な想像力がそれを可能にし
たのでしょう。ここから新しいビジネスが生まれる予感が
します。固定概念は損をする、典型的な一例です。
 実は、この「竹のキッチン」を採用された住宅も固定概
念を超えたところで造られつつあります。「つつ」とは進
行形。つまり、まだこの住宅は未完成なのです。
 建主は試行錯誤の上にセルフビルドを選択。3〜4年を
かけて家づくりの方法を独学、建築家に依頼して図面を描
いてもらい、基礎から棟上げまでの施工を工務店にお願い
し、残りの工事は自分たちでぼちぼちと進めていらっしゃ
るのでした。もちろん保証なんてありませんが、それでも
ご自身は大満足。自分で造るわけですから、家は愛着の塊
となります。
 固定概念、恐るべし。一般的な安心感とか保証なんて言
葉に頼らなければ、家だって、自分でつくることもできる
のです。
 それにしてもこの「竹のキッチン」、綺麗です。
 「マナの杜」の「竹のキッチン」について詳しいことを
お知りになりたい方はプロトハウス事務局までご連絡下さ
い。施工実例や提案商品を載せたカタログがあります。特
に上質なキッチンをお探しの建築家の方にはオススメです。
プライスは120万円程度からといったところです。
f0003539_15493864.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-07-29 15:49