カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ

2005年 12月 23日 ( 1 )


2005年 12月 23日

【カウントダウン】

…予定終了に向けて数字を数えること。「歳を取る」と同義
語でもある。
<例のコラム>
 階段を登っているとき条件反射のように段数を数えている
ことはありませんか。僕はよくあります。無意識のうちに足
下の階段を見つめながら「15、16、17・・・・」と登
ってきた段数をカウントしているのです。住み慣れた自宅や
使い慣れた歩道橋の階段だと、いちばん上にたどり着いた段
階で「○○段だな」といつもと同じ段数を確認したりします。
それは同じ階段なのでわざわざ段数を数える必要などないの
ですが、無意識のうちに数えています、まるで今そこに居る
ことが夢ではないことをテストでもするように。
 このカウントをとるという作業を意識的にすることがあり
ます。それがカウントダウンです。僕の場合、何かを待って
いるときにこの作業を行うことが多いようです。だいたいは
頭の中で「10、9、8、7・・・」と10カウント制でカ
ウントダウンしています。
「あの人はもうすぐやってくる、10、9、8、7・・」
「もうちょっと我慢したらカミサンのご機嫌もなおるだろう、
10、9、8、7・・・」
「隣の座席に間もなく絶世の美女が腰掛ける、10、9、8、
7・・・」とまあ、こんな案配ですが、ほとんど100%の
確率でそれらの希望的観測型カウントダウンは外れてしまう
のです。
 しかし今までに一度だけこのカウントダウンがぴったり当
たったことがありました。
 まだ初々しい高校生の頃です。自宅の茶の間で僕はガール
フレンドからの電話を待っていました。8帖ほどの茶の間に
は家族全員が揃っていました。ちょうど夕飯が終わった後く
らいでした。三十年ほども昔のことですから、電話はダイヤ
ル式の黒です。やがて約束の時間が近づいてくると、僕はテ
レビを観ているふりをしながら、頭の中で「10、9、8、
7・・」とカウントダウンしていました。すると、「・・3、
2、1、0」でジリリリリーンと電話が鳴ったのです。僕の
心臓がドドドクン!と高鳴る音が茶の間中に響き渡ったのは
言うまでもありません。僕は慌てて電話に出て顔を真っ赤に
して・・・・どんな会話をしたのかまったく覚えていません。
カウントダウンが正確に当たったのと、女の子との会話が家
族全員に聞かれて恥ずかしいという思いで頭はもう真っ白だ
ったのです。
 今でも僕はときどき意識的にカウントダウンをしています。
もしかしたらそれは、高校生の頃のうぶな体験が愛おしくて、
できればもう一度若い感性を取り戻したくて、そうしている
のかもしれません。
 そうそう、最近は階段を登るときにもカウントダウンをし
ています。後何段登ったら階段を登り切るのか、「10、9、
8、7・・・」「10、9、8、7・・」10カウントを何
度も繰り返すのです。それって、ただ歳をとったということ
でしょうか。
 もうすぐ年の瀬。今年も幸福な気分で一杯やりながら除夜
の鐘に合わせてカウントダウンしつつ、静かに歳をとりたい
ものです。
[PR]

by cafejien | 2005-12-23 14:44