カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ

2005年 11月 30日 ( 1 )


2005年 11月 30日

【10・14】

…10月14日、もしくは人を酔わせる快い響きをもった悪戯
な言葉。
<例のコラム>
 10・14と書けば何の変哲もありませんが、これを英語で
読むとオクトーバー・フォーティーン。受け手のニュアンスも
変わってきます。
 オクトーバー・フォーティーンは今から20年以上も前に神
戸の北野町界隈にあったショップの名前です。どうしてその
名前になったのかは解りません。たぶん、10・14という月日
が何かの記念日だったことが由来するのでしょう。開店記念
日とかオーナーの誕生日とか。でもそれを英語読みしてみる
と意外に語呂や音感がいいので、そのままネーミングにした
のではないでしょうか。
 学生の頃、このオクトーバー・フォーティーンのポストカード
を使ったラブレターが僕に届きました。手紙の内容は「陰なが
ら思っています」的なものだったのですが、これを友人に自
慢して見せていると、なんとそのラブレターはクラスメートの
植田くん(もちろん男性!)が悪戯で出したものだったことが
判明したのです。大阪に住んでいた僕にわざわざ神戸の消
印付きで手紙を出すなんて、本当に手の込んだ悪戯でした
が、まんまと一杯食わされたわけです。
 でもその言葉の響きが好きだったので、今でも悪戯の思い
出とともに心に残っているのです。
 あの頃の神戸には他にキングスコートという複合店舗なども
ありました。これもあの頃の時代感があっていいネーミングだ
と思います。
 そのキングスコートの前辺りを歩いていると、元タカラジェン
ヌの鳳蘭さんが雑誌の撮影をしていて、学生だった僕と友人
に宝塚仕込みの薔薇色の笑顔を投げかけてくれました。北野
町がいちばん輝いていた頃のことです。
 誰もが心に残る名前やそれにまつわる思い出を持っている
のではないでしょうか。僕の最も得意とする本職はライターな
ので、絶えず「言葉の発明」を意識してモノ・コトを書いている
のですが、このネーミングは好きな作業の一つです。
 ネーミングは記号や旗印となり、人々の記憶という船を目的
とする港につなぎとめておくロープや錨の役割を担うのです。
 僕の記憶を、毎日が自由だった学生時代につないでくれる
符号のような10・14! コワンでカプチーノを飲んでいると、
不意にあの頃の友達と再会してみたくなりました。
 悪戯な植田くん、元気にしてるかい?
[PR]

by cafejien | 2005-11-30 00:59