2008年 01月 28日

インクルーシブデザインのワークショップレポート

f0003539_16411659.jpg

1月27日(日)は九州大学USIにおいてインクルーシブデザインのワーク
ショップを行いました。場所はルネットという九州大学のサテライトスタ
ジオです。僕はUSIのアドバイザーなので、この企画のプランニングやコ
ーディネートをしています。
今回のイベントでは、インクルーシブデザインの手法を日本の家づくりに
活用できないか? というもの。九州大学が連携しているロイヤルカレッ
ジオブアート(RCA)のヤンキー・リーさんがコーディネーターとなって
会が進行。まずはインクルーシブデザインとは何かという座学を、今回ご
協力いただいた建主さんと建築家が受講しました。

f0003539_16474347.jpg

f0003539_16493831.jpg

それから建築家が現在行っている設計プロセスを建主さんに説明し、それ
に対する建主さんの感想を建築家がプレゼンテーションしました。


f0003539_16503036.jpg

f0003539_16504683.jpg

f0003539_16511525.jpg

建主さんの好きなイメージや嫌いなイメージを確認。
建築家もお手伝いします。

f0003539_165221100.jpg

大切な物を新しい家の中にレイアウトしていきます。


f0003539_1653532.jpg

f0003539_16541567.jpg

レイアウトができたら、いよいよ立体化していきます。
インクルーシブデザインはユーザ−参加型なので、建主さん自らが好きな
位置に好きな窓を描いたりします。
本当に建てたい家を自由に想像&創造する瞬間です。

f0003539_16562871.jpg

でも建築家が思わず手を動かし、慣れているのでついつい描きはじめて
しまう一コマも!! 


f0003539_1658124.jpg

f0003539_16581945.jpg

こんな形の模型ができました。
もちろん、まだまだ未完成ですが、建主の心の中に眠っていたニーズが
あふれんばかりに詰まっています。

f0003539_1724682.jpg

最後はワークショップらしく、参加者全員への表彰式です。
「プロに徹したで賞」や「ご夫婦で妥協したで賞」など、ワークショップ
の経過をうまく賞にしてあって、ヤンキーさん、お見事! 

次は2月3日に第二回目のワークショップを行い、建主さんのニーズを十
分に確認した上で、4月に建築家のアイデアをプラスして、具体的な住宅
プランがプレゼンテーションされます。

建主参加型の新しい、そして楽しい家づくりのプログラムづくりになれば
と思っています。
皆さん、本当に満足できる家に住みたいですものねえ!!

プロトハウスでは、このプログラムづくりで学んだことを、より日本的に
アレンジし、ユーザー参加型の住宅づくりをコーディネートしていきます
ますので、ぜひご期待ください。
[PR]

by cafejien | 2008-01-28 17:12


<< インクルーシブデザインのワーク...      朝ごはんが美味しい12軒の幸福... >>