カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 01日

【途中下車】

…人生は、ふと立ち止まってみることも大切です。そこには
新しいヒントがあるかもしれません。
<例のコラム>
 近頃は東京メトロ千代田線によく乗ります。沿線の金町駅
に打合せで行くことが多いからです。
 田舎モンにとって、千代田線は実に恐いラインです。代々
木上原から北千住までは東京メトロ千代田線なのですが、北
千住から千葉へ向かえばJR常磐線となり、逆方向の代々木
上原から先は小田急線となります。しかも電車は同じなので、
飲んでついうっかり乗り過ごしてしまえば、思わぬ場所まで
移動しているということがあるのです。一度、金町駅で夜遅
くの電車に乗って目がさめたら新鷺宮(しんさぎのみや)に
着いたという経験もしました。電車は小田原に向かっていた
のです。ハッと目がさめたくらいですから、しっかり飲んで
いたわけですが、それから最終を乗継いで都内へと逆戻りし
たのでした。
 午前中に、葛飾区南水元1丁目で進めている町づくりの打
合せを終えた僕は金町駅から電車に乗りました。午後1時半
に経堂にある黒木実さんという建築家の事務所にうかがうこ
とになっていたのですが、まだ時間に余裕がありそうです。
そこで千代田線の沿線案内を見ていると表参道があるではな
いですか。僕は迷うことなく、表参道で途中下車したのでし
た。
 駅を出て、完成間近な表参道ヒルズを眺めながら直行した
のがファーマーズ・テーブル。僕のお気に入りのカフェ&シ
ョップです。2階のショップに上がってランプシェードなど
を見ながら「最近この店はインテリア系に力を入れてるよな
〜」と独りごちていると、レジのところになんだか雰囲気の
ある女性がいらっしゃるではありませんか。
「このドアノブって外国に直接行って探していらっしゃった
んですか?」
 ガラスでできたドアノブを手にして僕のした間抜けな質問
(そんなの当り前!)に答えていただいたのは石川博子さん。
ファーマーズ・テーブルのオーナーです。
 ニコニコと楽しそうに対応していただいた石川さんに、名
刺を渡して
「ムック本を企画しているので、よろしかったら、ぜひ取材
させていただけませんか?」と僕。
 この秋に出版を企画している「一町一家 運動の本」という
ムック本では、素敵な活動をしている方も紹介したかったので
突然ではありますがお願いしたのでした。
 生活雑貨を売るショップになった2階の店内には、作家物
の器などの他に、ランプシェードやドアノブ、釘、アルミの
ネームプレートといったインテリアグッズも少なくありませ
ん。こんな温かなセンスと建築家住宅をコラボさせるのも面
白いかも!と僕は直感したのです。
 取材のお願いをしたついでに、もし僕が紹介する建主さん
が希望したらインテリアコーディネートを依頼できるかと尋
ねたら、
「楽しそうですね。いいですよ」
 と快諾していただきました。
 写真は主婦と生活社刊の「ファーマーズテーブルの本」で
す。興味がある方は本を購入するのもお店に行くのもオスス
メです。それらを見て、こんな温かなセンスのある方に内装
をコーディネートしてもらいたいと思われたら、僕にご連絡
を! 目利きが選んだとっておきのコーディネートプランを
提案していただけることでしょう。
 ちょっとした途中下車なのに、不思議な出会いがあるもの
です。千代田線に感謝!!
f0003539_16175539.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-02-01 16:23


<< 【地球温暖化】      【即興演劇式発想法】 >>