カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 03日

絵<物語

…建築家を選ぶコツである。
<例のコラム>
 小川真樹さんという建築家がいる。
 小川さんが書いたミニ絵本「ひとりで暮らす ふたつの家」を
読めば、小川さんがどれほど素晴らしい家づくりをするのかが容
易に想像できる。また、絵本の構成力から、どれほど優れたシナ
リオを家づくりのなかに反映できるのかも、理解できると思う。
 だが、小川さんに住宅設計の依頼をする建主は少ない。(小川
さんは集合住宅の設計で相当な実績があるので、集合住宅を設計
することが多い)
 なぜか?
 建主は、建築家がこれまでに建てた住宅の実績だけを作品集で
見て、それで設計依頼をしようかしまいか判断しがちだからであ
る。そこには、作品集の写真の出来映えに翻弄される建主たちが
いる。
 正直に言おう。プロのカメラマンが撮影した建築写真は、実物
以上に建物をよく見せることがあるのだ。
 ところが、その部分に重きを置かない建築家たちはプロのカメ
ラマンに撮影を依頼することがないので、彼らの作品集は、プロ
のカメラマンに撮影を依頼して完成した作品集よりもどうしても
見劣りがするのである。
 小川さんもそんな建築家の一人だ。
 建築家を選ぶコツがここにある。
 絵<物語。(エ ショウナリ モノガタリ)
 建築家がどんなデザインをしたかよりも、その家づくりにおい
てどんなシナリオを描いたのか、それこそを観てほしいのだ。
 作品集の写真に誤摩化されてはいけない。よーく目を凝らして
建築家の家づくりのプロセス(シナリオづくり)を観てみよう。
数少なくても、いい仕事をしている建築家が手がけた住宅にはぴ
かりと輝く物語性がある。
 小川さんの場合は、建主を家づくりの主役として文化的で豊か
な空間づくりに参加させているところが、それだ。
「ひとりで暮らす ふたつの家」は、プロトハウスギャラリーに
展示しているので、必ず、そのシナリオを読んでほしい。
 それにしても小川さんの構成能力はただ者ではないと思って訊
いたら、小川さんの父君はかの有名なテレビドラマの脚本家だっ
たのだそうだ。なるほど!!!
 いい家を作りたい建主さんにとって、今、小川真樹さんは、狙
い目な建築家である。
 
f0003539_19322293.jpg

[PR]

by cafejien | 2007-07-03 19:33


<< 【質問してもいいですか?】      【お宿】 >>