2007年 06月 20日

【お宿】

…和み系旅館的イメージかな
<例のコラム>
 「お宿アパートメント」をつくろうといっしょに計画しているオーナーが
今日やってきた。
 現在の入居者のこともあり、計画が再来年にのびそうということであ
った。
 このオーナー、湯布院に旅館を建てたいと計画したこともあり、いっし
ょに土地を観てまわったこともある。
 だからというわけではないが、「お宿アパートメント」というコンセプトに
はすぐに賛同してくれた。
 「お宿」。
 なんと情緒感あふれる言葉だろう。
 毎日、お宿に帰っていくそのシーンを思い描いてほしい。
 そのお宿の離れが自宅なのだ。
「今度の僕が引っ越した『月の舎』も観てくださいよ。そこもまるでお宿
なんだから」
「へー、お宿ですかー、いいすねー」
「で、いつか、湯布院にもお宿建てましょうよ」
「湯布院か〜、う〜ん、僕は最近、ニューヨーク気分なんですよね〜」
(中略/彼のニューヨーク気分については別の機会に説明しよう。長い
話なんで・・・)
「で、やっぱりお宿でしょう」
「そう、お宿ですよね〜」
 「お宿アパートメント」というコンセプト。言葉にすれば簡単だけど、これ
を建てるのにはセンスが要りますよー、きっと。
[PR]

by cafejien | 2007-06-20 16:41


<< 絵<物語      【ケンチクカーン】 >>