カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 28日

【即興演劇式発想法】

…一つの楽観的な人生の作り方。叩き台を提示して、まず実行、そ
して反省して再度実行!
<例のコラム>
 大学生のときには演劇をやっていました。つかこうへいや唐十郎
といった鬼才が最前線で活躍していたころです。僕らは学内で天覧
劇場という演劇サークルをつくって、その頃大阪の梅田にあった阪
急ファイブのオレンジルームの舞台に立つことを目標に日々精進し
ていました。
 その頃僕が書いた作品が「日本のドン・キホーテ」というもので
ある小説家が新たな作品を産み出すために編集者とともに無人ビル
に入って一夜を過ごすという設定でした。その中でその小説家が新
たな小説のアイデアをひねり出すために使う手法が「即興演劇式発
想法」というものです。
 これは、いろんなシチュエーションを設けて即興でお芝居を演じ、
その芝居世界を構築する中で小説の筋をつくっていくという方法で
す。
 僕はこの方法をその芝居の中だけでなく、実は現在の実生活でも
結構使っています。
 例えば仕事の進め方などは、まさにこの方法です。僕はまず何事
にも叩き台をすぐに提案するのです。僕に割り当てられる役柄はた
いがいはプロデューサーなので、企画のラフアイデアをまず叩き台
として僕が口にします。だいたいはちょっとズレた叩き台になって
いることが多いので多少なりと恥をかくことになるのですが、その
時の周りの反応を見るのも面白いのです。企画事はチームでやるこ
とが多く、いろんな人物が参加しますが、下手な叩き台を見てちょ
っとクールに構える人、意にかいさず自分の意見を誠実に述べる人、
なかなか本心を出さない人など、いろんな人物相関絵図が叩き台の
周辺に一瞬にして描き出されるのです。
 叩き台があるということは即興的にセリフが提示されたことに他
なりません。さて次はどんな役者がどんなセリフを口にするのか、
僕は物語の筋をそこから描くのです。
 この手法は、別名「空蝉(うつせみ)の術」ともいいます。忍者
が使う忍術の一つです。手裏剣などを投げて手応えがあったんだけ
ど、実はそれは着物を着せた枯れ木だったりするあの技です。
 つまり、ある意味、叩き台は空蝉であり、術にかかった人はその
空蝉に向かって言葉の手裏剣を投げるのですから、お気の毒ではあ
るのですが、このほうが話が早いのです。
 人間は複雑な生き物なので、なかなか心を裸にすることはできま
せん。プライドや競争心などが邪魔をしているので、まずは心の柔
軟運動をすることからスタートするくらいがちょうどいいのです。
 今進めている幾つかのプロジェクトでも僕は即興演劇でいくつも
の空蝉をばらまきながらコトを運んでいます。時々僕が間の抜けた
ことを言うのはそのせいですから、ご用心!! でも時には気のき
いたアドリブを返してくる役者がいて呆気にとられます。すると僕
もアドリブを返し、と、相手もアドリブで対抗し・・・そうやって
仕事は楽しくなっていくのです。
 誰だって得意な術やスタイルって、ありますよね?!
[PR]

by cafejien | 2006-01-28 14:08


<< 【途中下車】      【うさぎの一生】 >>