カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 13日

【人柄建築家】

…住宅建築は人柄そのままかもしれないな〜。
<例のコラム>
 4月10日は関東圏の建築家と工務店が10数名集まり、一町一家
運動のためのミーティングを行った。
 場所はプロトハウスカフェ&ギャラリーのコワンである。
 3時からまじめなミーティングを行い、建築家も工務店も本音で話
し合った。本の出版予定やこの運動の目的などについてからはじま
り、そもそもこの運動をなぜスタートしようと思ったのかなど、質問が
相次いだ。
「それはですねー、実はここに来ていただいている長野工務店さんが
建築家の瀬野さんに声をかけて成功した家づくりの実例があり、それ
がそもそものきっかけで考えたんですよー」と僕。
 みんなが本音でしゃべっていたので、僕も、そもそもの初心を自然
に思い出したのでした。
 それを聞いた瀬野さん
「へー、そうなの?知らなかったー」と驚きの声。それもそのはず、僕だ
ってそのことを意識して人に話したことなかったですものねー。
 そんな風にこの日はみなさんざっくばらんに思いのまま語り合ってい
ただけた。
 午後5時過ぎにはもうビールの時間となり、すぐにワインが入ってさらに
舌が回り始めた。
 こうなるともうみんな勝手にワイワイ語りはじめ、まだ寒い4月の夜も暖
かくすぎていったのだった。
 わざわざ河口湖町からいらしたリベロホームさん、群馬県高崎からいら
したバウハウスさん、本当にありがとうございました。
 このバウハウスの代表である岩上さんはご自身が設計の心得もある方。
これまでに数多くの家づくりをしてきた経験がある。
f0003539_17351237.jpg


 次の日は静岡県にひとっ飛び。富士宮市にあるカーポス工作所さんと静
岡市にある秋山建築研究所(秋山雄威さん)をうかがった。
 いずれも一町一家運動に参加していただいているので経過報告である。
 カーポス工作所は間もなくカフェ&ギャラリーとなるということで、只今準備
の真っ最中。木を使った空間はなかなか居心地がよかった。6月中旬にオ
ープンするとのことなので富士宮の皆さんは要チェックですよ!!
f0003539_17395193.jpg

 カーポスさんは家具工房もされているだけに、ほとんどの家具がオリジナ
ル。実に気持ちいいカフェ空間だ。

 カーポス工作所代表の森岡さんは実は一級建築士でもある。たいがいの
仕事はご自身で図面を描くが、建築家とのコラボにも積極的なのだ。
f0003539_17421519.jpg

写真を見るだけで森岡さんの人柄が伝わってくる。

 最近、僕は考えている。
 人柄建築家という紹介の仕方があってもいいんじゃないか、と。

 最近、プロトハウス事務局に登録したいと作品集を送ったいただいた建築
家もまさに人柄建築家だった。
 作品性に派手さはないが、牧歌的なその作風からはやさしい人柄が伝わっ
てくる。だが、その建築家が送ってくれた作品集では一般のお客さんに対し
て「設計依頼をしたい」という意欲を喚起するまでの説得力がないことも僕
は承知している。
 プロトハウス事務局に来場されたお客さんは、要望などのヒアリングの後で
まず建築家の作品集に目を通すのだが、その作品集の出来の善し悪し、極
端に言えば住宅写真の出来の善し悪しで、その建築家に実際に会ってみた
いという思いになるのが常なのだ。
 建築家の中には自分で住宅の写真を撮影する人もいるので、プロのカメラ
マンが撮影した写真よりもどうしても見劣りがしてしまう。だからこそ、プレゼ
ンテーション能力の高い建築家は人気の高いカメラマンに住宅写真を依頼す
ることになるのだ。
 ところが写真には人柄が映らない。
 家づくりで重要なことの一つが建主と建築家の相性の良さであるから、なん
とかこの人柄を伝えるいい方法がないかと日頃から頭をかかえているのだが、
どうもうまくいかない。
 コワンでのミーティングに参加してくれた荒井さんや植本さん、岸本さん田中
さんもなかなかいい人柄だが、バウハウスの岩上さんもカーポスの森岡さん
も実にホットな人柄である。建築家と工務店という立場は違えど、家を設計す
る人という意味ではみんな人柄建築家である。
 この人たちに頼めば、人柄のいい家が完成するだろう!
[PR]

by cafejien | 2007-04-13 18:03


<< 【夕立を走る】      【なんちゃって不条理】 >>