カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 01日

【お宿アパートメント】

…ずばり、お宿感覚の風情あふれるアパートメント
<例のコラム>
 今、新たなコミュニティ型アパートメントをプロデュース中です。
 コンセプトは「お宿アパートメント」。実はこのプロジェクトのオーナー、広い
敷地にマンションや木造アパート、戸建て賃貸住宅などを建てて既に経営
中です。おまけに数年前には岩盤浴の施設まで開業してしまいました。
 このオーナー、ANさんと申しまして、もう、かなりマニアックなご仁です。僕
とANさんはかれこれ古いお付き合い。ジャズにも精通しているANさんには、
時に僕専用のジャズセレクションを選んでもらったりしている間柄です。
 で、このアパートメント。薪ストーブが穏やかな雰囲気を醸し出す岩盤浴の
施設をお宿のフロントと位置づけ、マンションをお宿の本館、今回企画する
メゾネット形式戸建て感覚のアパートメントをお宿の離れとして、全体の敷
地計画、環境計画を練っております。
 この地球温暖化の今、賃貸住宅だって責任回避はできないでしょう、と各
室極力エアコンに頼らない温熱環境を産み出す空間デザインを実施。駐車
場だって、三和土にて熱反射のない水打ち効果抜群の装置型パーキングを
狙っておる次第です。
 この三和土風パーキングに加え、各室の土壁仕上げも、ワークショップ的に
環境共生住宅に興味のある方の参加を募りながら手作りしていく計画です。
そのうちに「壁塗りしたい人集まれー」とか「三和土パーキングづくりしたい人
集まれー」と呼びかけますので、土にまみれながらも、いずれ我が家の壁や
土間を土でつくりあげたいと心身ともに願っている方は、その一報をお待ちあ
れ。この上なく上質な自然素材を格安に使う方法とともにご案内申し上げま
す。
 この「お宿アパートメント」、ちょっとした雑木林もつくる算段です。その林と三
和土パーキングが自然の冷蔵庫の役割を担えるよう建築家による設計プラ
ンが進行中。各棟を結ぶ路地風の通路も三和土仕上げ。まさにお宿の離れ
のようなアパートメントづくりを目指しています。
[PR]

by cafejien | 2007-03-01 01:24


<< 【泳ぐ建築家】      【幸せいっぱい】 >>