2006年 10月 16日

【建築家の絵本】

…「ケンチクとアート」という視点で見ると、建築家が面白い。
<例のコラム>
 『住まいの絵本カーニバル』がスタートしました。昨日は
建築家の小川真樹さんに東京ギャラリーにお越しいただき、自
作の「ひとりで暮らす ふたつの家」という絵本について、様
々なお話を聞きました。ご来場のお客様も交え、ふたつの家が
どんな風に完成し、今、どんな風に暮らしていらっしゃるのか
といったお話をしていただいたのです。
 まずはお客様から「最初はふたつの家の話とは解らずに読ん
でいたのだけれど、途中でそのことに気づき、再び最初から読
み返しました」というコメント。お話の意外な構成に驚かれた
ご様子です。
「で、僕はこの右ページの家のロケーションが好きなので自分
のことのように読ませていただきました」とのこと。話はさら
にはずんで、家が完成した後で、西日対策や転落防止のために
用いたヨシズに及び、小川さんが縁日で出会ったヨシズ職人さ
んのことになりました。
「市販のものではなく、なにかいいヨシズがないかな〜と探し
ていたら、縁日でヨシズを造って販売している人と出会って、
このふたつの家で使うことになったんですよ。僕のなかでは、
困ったときのヨシズマンということで頼りにしていまして、今
ではお施主さんとも仲良くなってまして、ヨシズが古くなると
新しいものに換えたり、サイズも自由自在にオーダーできるの
で地窓にも使ってみようということになったり・・・・・」
 細かく対応してくれる職人さんの存在が浮き彫りになってき
て、それもいっしょに絵本を読んだからこそ共有できる世界の
ような気がしました。
 ちなみにヨシズマンさんは渡良瀬の職人さんということです。
技ありのヨシズを御用命の際は、どうぞ小川さんにお尋ねくだ
さい。
 こんな風に絵本をめぐってお話していると、ただの作品集を
見ているのとはまたひと味違った建築家の素朴な横顔が見えて
くるように思いました。建築家の絵本は、その人の人柄がにじ
み出ているのです。
 今回は12人の建築家たちが「住まいの絵本」を制作してく
れました。なかには建主全員参加による物語形式のものもあり
ます。御出演いただいた建主の皆様ありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。
 建築家の方々にもぜひ観ていただきたい力作揃いです。また
著名な作家たちの絵本や鋭い視点の絵本も揃えております。合
理的なだけでなく、デザイン性を追求するだけでなく、心をほ
っと和ませる家づくりをお考えの建主、建築家、工務店の皆様
に読んでいただきたい絵本ばかりです。
 この「住まいの絵本カーニバル」は、東京は17日まで、そ
の後、大阪、福岡、熊本で開催します。また今はまだ約100
冊の絵本ですが、すこしずついい絵本も増やし、いろんな場所
で定期的に開催したいと考えております。
 家づくりは幸福づくり! ファンタジックに楽しみましょう。
f0003539_12124876.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-10-16 12:16


<< 【セーフティルーズソックス】      【日曜ドーデショウ】 >>