2006年 10月 09日

【邪道ブログ】

‥どうしてみんな日記なんて公開するのだろう?
<例のコラム>
 ブログは日記のみを書くべきものだとすれば、僕のこのブログ
は邪道ブログです。コラムという逃げ口上で、およそ日記とは程
遠いことしか書かないからです。
 正直に言って、他人の日記を読むなんてあまり気が進まないし、
しかもそれが長文だったりすると(僕もですが・・・)読む前からうん
ざりしてしまうほうなのです。まー今が学生時代で好きな女の子
の日記帳がひそかに公開されていてそれを読んでもよいという神
からの特権でも与えられたのならば話は別なのですが・・・。
 うまい具合に日記風に書いているブログを読むと、この人は本
当にオープンで気持ちのいい人だな~と感心してしまいます。毎
日のなかには人に言うまでもない些細なことも数多くありますし、
これは言いたくないと思えることも少なくないので、それを素直に
しかも面白く、または興味深く表現している人を見ると尊敬してし
まうのです。
 といっても、あるひとつのコミュニティの約束事にそってブログの
世界が描かれていると観ると、幾分か気分が和みます。つまり料
理仲間、車仲間、釣仲間、建築仲間、カフェ仲間というように、ひ
とつの共有体を意識しあえる仲間に向けての公開日記というふうに
ブログを理解すると、情報共有としての媒体として納得がいくので
す。
 ま~それくらいに気軽に考えればいいのですが、正直であるべ
きか否かなんて考えてしまうものだから、そんな衒いを隠そうとし
て、僕の場合は、コラムという形態で書いてしまいます。
「桑原さんの文章はちょっとお説教臭いんだよね~」とある編集者
に言われました。まさにその通りだと思います。ついつい人のため
になることを語ろうという意識が僕には働くのです。そんなこと余計
なお世話かもしれないのに、です。
 これには理由があります。僕の父が厳格な教育者だったのが遺伝
している節があるのです。父は小学校の教員を定年まで勤め上げ、
その後国立大学の教育学部でいずれ教員になる学生たちに教育
の現場を教えるという教育学の講師をしていました。一生教育の人
で、大学受験で深夜勉強をしていたときの僕がようやく布団に入ろう
と父の部屋を見るといつも煌々と灯りがついていたのは今でもよく
憶えています。
 おそらくはその父の遺伝で説教口調になる自分の癖を隠そうとして
コラム風のブログを書いているわけです。
 もし読んでいる人がいるとしたら、僕の邪道ブログにはそんな理由
があるのでご理解ください。
 こんなこと書いていると「所詮ブログなんて表層なんだからよ~そ
んな格好つけんなってー」という誰かさんの強烈な激励の指摘が聞
こえてきそうです。
 表層も、スキーのように楽しく滑れば、それはそれで良いことなのか
もしれません。
[PR]

by cafejien | 2006-10-09 01:38


<< 【日曜ドーデショウ】      【コーラのチカラ】 >>