2006年 07月 22日

【土の宿】

…土の持つ調湿機能に満たされた心地よい癒しの宿
<例のコラム>
 銀座にあるお宿吉水に宿泊しました。ここは全館珪藻土塗り
の宿としてロハスな雑誌などにも紹介されるところです。
 宿泊した四畳半の空間は畳敷きの和室です。文机と和紙を
貼った照明、それに衣文掛けが置いてある質素な部屋には、テ
レビもなく、お布団は押入れから出して自分で敷くようになって
います。このシーツがオーガニックコットン製で、敷き布団と掛
け布団の両方をオーガニックコットンのパリッとしたシーツでくる
むので、寝心地はそれはもう最高でした。
 当日は雨で気温が下がっているとは言え、ここは銀座のど真
ん中。なのにエアコンを切って寝て、それでも寒くて夜中に目が
さめたほどです。
 珪藻土メーカーの専門家が言っていたように、珪藻土が調湿
した空間では温度に対する体感も異なるようです。土そのものが
湿度と同様に温度を吸い取るような感じがしました。
 オーガニックコットンの布団に横たわり、和紙の照明で癒され
ているとゆったりと睡魔が襲ってきます。
 「ランプの宿」という言い方がありますが、ここはまさに「土の宿」
そう言えば朝食でいただいた有機野菜や玄米たちも大地の元気
な恵みをいただいて収穫された天然モノばかり。昔の暮らしを取
り戻そうという活動をしている中川女将のこだわりで、全国の産地
から厳選した本物だけを取り寄せて食事に供していらっしゃいます。
 僕の宿泊した四畳半の茶室空間にはコンパクトな浴室もトイレ
もついてはいませんが、1フロア3室に対して一つの洗面・トイレが
あり、最上階には貸切の家族風呂が二つもあるので、まさに温泉
宿気分も満喫できるのです。
 こちらの中川女将、実は家づくりにも興味がおありで、自然に帰る
家づくり学校のようなこともしていきたいのだそうです。地下には、
そんなイベントを開催するための珪藻土ホールまで備わっています。
 珪藻土空間を体感したい方や、東京出張計画中の建築関係の方
は、ぜひ、銀座吉水のご利用をおすすめします。
 吉水のサイトは下記の通りです。
http://www.yoshimizu.com/
f0003539_11324566.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-07-22 11:32


<< 【竹のキッチン】      【うさぎの耳たぶ】 >>