2006年 06月 22日

【やさしい町】その4

 萩尾さん一家の東京小旅行の最終日は表参道散策です。
 その日は晴天の日曜日とあってすごい人出。実は前日の
夕方も「青山子どもの城」に行った後に表参道散策していた
ので、その日は、はっきりとした目的もなくぶらぶら歩きを楽
しんだのでした。
 前日は、表参道ヒルズを歩いたのですが、回廊となった「ぐ
るぐるストリート」は、温ちゃんを乗せた車イスにもやさしくて
最下階までゆったりと誘ってくれました。でも最後の最後が
狭いエスカレーターになっていて、剛さんがなんとか車イスを
エスカレーターに乗せて下のフロアに降りるとヒルズのスタッ
フに「ベビーカーは危ないですから」と注意されてしまいました。
エレベーターはすぐ傍にあったのですが、目の前の下階にわ
ざわざエレベーターを使って降りる人はいないでしょう。こんな
ところは設計者によ~く想像した上でプランニングしてほしい
ところです。安藤さん、そこまで考えたのかな~?
 日曜日の昼食はファーマーズテーブルです。表通りはすご
い人出でどの飲食店にも行列ができていましたが、ファーマ
ーズテーブルはちょっと待っただけで入店できました。ここで
食べたカフェ飯は、萩尾さんの自宅カフェの参考になったで
しょうか? 7月1日のカフェオープンの日にその答えを知る
ことができるはずです。
 食後、華世さんは2階の雑貨コーナーへ。剛さんと温ちゃん、
勘太くんは店の前でしばし休憩です。
 温ちゃんの車イスではペコちゃん人形がニッコリ。勘太くん
の浴衣姿もかわいい!
f0003539_23482911.jpg


 ぶらぶらゆっくり歩いていると、あっという間に時間は過ぎて
羽田空港へと向かう時間になりました。
 萩尾さんたちは家族4人でJR原宿駅まで歩きました。もうすこ
しここで遊んでいたいけど、飛行機の時間があるから仕方あり
ません。でもこの東京旅行は大きな意味がありました。
「障害がある温でも、東京に来ることができる」と華世さんは確
信したのです。
 地下鉄の階段には泣かされましたが、それでも家族みんなで
力を合わせれば「よいしょ、よいしょ」という掛け声といっしょに温
ちゃんを乗せた車イスを運ぶことだってできたのです。いずれ勘
太くん成長すれば、お父さんの剛さんだけでなく力強い存在に
なるはずです。
 原宿駅からはエスカレーターに乗り羽田空港へ向かいました。
羽田から神田駅に向かったときのように手厚いエスコートはあり
ませんでしたが、エスカレーターが完備されていたので、そんな
に困難ではありませんでした。
 JR山手線の車内には疲れて眠たそうにしている勘太くんを抱っ
こする華世さんがいました。
 それは、美しい母親の姿です。いとおしい我が子を抱きかかえる
母親の姿です。勘太くん、心から安心して、その胸でおやすみな
さい。
f0003539_04354.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-06-22 00:08


<< 【うさぎの耳たぶ】      【やさしい町】その3 >>