カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 27日

【ドラマウォッチャー】

‥ドラマ中毒の優性進化を遂げた一つの形態。いつも心にドラマを
描いている人。
<例のコラム>
 今夜なんの気なしにケーブルテレビを点けたら、映画の「電車男」
をやっていました。本屋で立ち読みしたらとても読める体裁のもので
はなかったし、テレビドラマでちょい見た感じでも、とても鑑賞に堪え
るものではなかったので、すぐにチャンネルを変えようとしたのです
が、ついつい観てしまいました。それが、いいんです。テンポもいいし、
バーチャルな世界を映像化していくその手法も24の比ではありませ
ん。多次元的で日本的な情緒感もあって、ウイットにも富んでいるで
はありませんか。村上正典監督、すごいですねー。ストーリー展開
も、うまい!最後の最後に山田くんが急にカッコよくなりすぎましたが、
それはドラマ的お愛想です。電車男のういういしさを観ていると、恋に
心を焦がした純粋な頃の気持ちを思い出してしまいました。
 夜中のこんな時間ですが、ついつい気になるドラマがあると観てし
まう僕は完全なドラマウォッチャーです。モニター画面に映るドラマ
をあまりにも多く観てしまったがゆえに、普段の生活でもいつも心に
ドラマを描くようになってしまいました。つまりいつでも夢見ているわ
けです。僕の人生、彼女の人生、彼の人生、あの人の人生、この先
こんな風になればいいのになーなんて、そんな雲をつかむようなス
トーリーを心に描いているわけです。
 電車男のラストシーンにはオレンジレンジの歌が流れていました。
僕がドラマをつくるとしたら、ラストにはケツメイシの「東京」のような
歌を流したいと思います。う~むワインが効いてきたようです。
 今夜はちょっと純粋な気持ちになって眠りにつくことができそうです。
いや~食わず嫌いはいけません。それにしてもドラマってホントにい
いですね~。
[PR]

by cafejien | 2006-05-27 02:10


<< 【やさしい町】      【絵本カーニバル】 >>