カフェ辞苑

cafejien.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 27日

【産月】

…4月の別名。まだ肌寒い春のこの月には、どこかで何かが産まれる。
<例のコラム>
 4月20に九州朝日放送の朝の番組で「温ちゃんの家」が紹介されま
した。温ちゃんがハートウォーカーという歩行具で弾むように歩いて
いる姿を観ると、この3年の間でずいぶんと成長したんだな〜と実感
しました。
「温の成長に合わせて本当にいいタイミングでこの家が完成したんで
すよー」とお母さんの華世さんがテレビのなかでこたえていました。
 家って、その目的だけでなく、完成するタイミングも重要なんだな
〜と改めて教えてもらいました。
 さて、僕の長女は4月15日のアナウンサーデビュー以降、ほぼ毎日
午後のニュースを読んでいます。すこしずつですが、落ち着いて原稿を
読めるようになってきました。週末には、その週にアナウンスしたもの
をすべてDVDで観て、家族全員(といっても4人と一匹)で感激した
ものです。
 4月22日には温ちゃんちで仲間たちの集まりがあったので行ってき
ました。全員でバーベキューをしたのですが、僕もデザートをつくって
みました。といっても焼いたバナナを等分にカットしたものに、アイス
クリームをのせてハイ出来上がり! でもこれが結構、好評でした。
 新しい発見は、温ちゃんちの人気の場所が階段だったってこと!
 温ちゃんちの階段は狭くて結構急なので危険がいっぱい(塩塚さんご
めんちゃい)なのですが、子供たちって危ない所が好きなんですねー!
なんとその階段に大人と子供が10人ほども集まって大騒ぎ! 階段室の
途中には天井との間に隙間があってそこから1階が見渡せるのですが、
みんなその隙間から1階に向かって笑顔を投げかけるのでした。なかに
はそこから壁に足を出す子供もいて、「こら、危ないやろ!」とお父さ
んの剛さんもハラハラドキドキでした。
 そうこうしてるうちに一郎くんという男の子が僕に抱っこをねだった
ので抱っこしてると、一郎くんも階段デビューをご所望。なんとなく悪
い予感がしたものの一郎くんを抱いて階段へ登ったのです。階段のいち
ばん上に辿り着こうしたとき、するといきなり一郎くんが手摺をつかん
でグイグイ引っ張るではありませんか。一郎くんも子供とはいえ体重は
しっかりあります。それを支えつつ狭い(ごめんちゃい)階段を転けな
いように登っていた僕はバランスを崩しかけて「今おれがここで下に落
ちたら階段に座ってる子供たちも全員落ちよなー」と一瞬マジでそう思
いました。
 幸い大事にいたらずホッと胸をなでおろしたのもつかの間、今度は一
郎くんが小さな声で僕に「オシッコ」と言うではありませんか。
 うちは娘二人です。男の子にオシッコさせたことなんてありません。
 で一郎くんのお母さんに「あのオシッコって言ってますけど」と伝え
ると
「すみませんねー。よろしくお願いします」と笑顔で一言。
 というわけで一郎くんをトイレに連れていき、ズボンを脱がせてあげ、
ちょっとつまむわけにもいかないので、体の角度を調整して狙いが外れ
ないようにしてあげて
「ほい、オシッコしていいよ」と言うと、
 一郎くんの小さなオチンチンからは見事な放物線が描かれ、ジョジョ
ジョボッという短い音をたてて、それは完了したのでした。
 4月っていろんなことを初体験する産月(うぶづき)なんですねー。
 そうそう、4月28日29日には東広島市でラテラスというペットケア
アパートメントのオープンハウスもあります。広島を中心に活躍する谷
尻誠さんの設計です。僕のプロデュースですが、実際にはオーナー会社
でもある暮楽家(くらや)の井口さんが中心になって完成したプロジェ
クトです。ここでもまた新しいモノが産まれたというわけです。
f0003539_13595777.jpg

[PR]

by cafejien | 2006-04-27 12:31


<< 【兎の爪】      【娘のデビュー】 >>